国際原子力機関(IAEA)が8月31日、福島第一原子力発電所事故の最終報告書を公表した。国内の主要メディアは、天野之弥事務局長による「事故につながった大きな要因のひとつは、日本の原子力発電所は非常に安全であり、これほどの規模の事故は全く考えられないという想定。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)