第6回アジア細胞治療学会学術集会が先月、韓国・光州市で開催された。ゲノム編集の臨床応用に関する発表が初めて登場。中耳再生医療も注目を浴びた。レギュラトリーセッションには各国の規制担当者が参加し、規制の在り方を議論した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)