アルツハイマー病関連分子であるアミロイドβ(Aβ)は脳内で産生部位と重合部位が異なっているかもしれない。こうした新しい知見を、独自に開発した質量分析イメージングで明らかにしたのが名古屋大学環境医学研究所所長で、同研究所生物適応・防御研究部門脳機能分野教授の澤田誠氏だ。これまでの質量分析イメージングの開発の経緯とこの方法を用いた創薬への応用について聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)