西アフリカで発生したエボラ出血熱は国際社会に大きな衝撃を与えた。ギニアが昨年3月、WHOに対してアウトブレイクの発生を報告し、西アフリカを中心に感染が拡大するとともに、欧米でも2次感染も含め感染が確認された。この感染拡大について、WHOは昨年8月、国際的に懸念される公衆の保健上の緊急事態「PHEIC(Public Health Emergency of International Concern)」を宣言しており、国際的に懸念される事態になった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)