スイスSyngenta社は2015年9月1日、SDHI殺菌剤である「Solatenol」が米環境保護庁(EPA)により承認されたと発表した。SDHI殺菌剤はコハク酸脱水素酵素阻害薬(Succinate Dehydrogenase Inhibitor:SDHI)で、米国の農家に作物の疾病コントロールにおいて大きな変革をもたらすものと期待されている。Syngenta社は2016年の栽培時期に合わせて販売を開始する予定で、ピーク時のグローバル販売を10億ドルと見込んでいる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)