厚生労働省医政局研究開発振興課再生医療研究推進室の飛田護邦専門官は2015年9月5日、都内で開催された第5回レギュラトリーサイエンス学会学術大会のシンポジウム「再生医療のレギュラトリーサイエンス」で講演し、昨秋施行された再生医療新法に基づく細胞培養加工施設の許可、届け出などについて、2015年8月31日時点での状況を説明した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)