再生医療における移植細胞の安全性評価に、ゲノム解析などのゲノム科学をどう生かすべきか――。2015年9月4日から都内で開催された第5回レギュラトリーサイエンス(RS)学会学術大会のシンポジウム「再生医療のレギュラトリーサイエンス」では、複数の講演者が、ゲノム科学を安全性評価に活用することについて意見を述べた(関連記事1、関連記事2)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)