米Intrexon社は2015年8月20日、50%を保有するジョイントベンチャーIntrexon Energy Partners(IEP)社と米Dominion Resources社の子会社であるDominion Energy社が、北米東部のMarcellusシェールおよびUticaシェールにおいてIntrexon社独自の天然ガスをイソブタノールにバイオ変換するプロセスを商業化するポテンシャルを検証するため、独占的な契約を締結したと発表した。イソブタノールはガソリンとブレンドされるドロップイン燃料として、他のクリーン燃料ブレンドストックよりも利点の多い燃料と言われている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)