IL(Interleukin)31は、T細胞が産生するサイトカインであり、IL31を過剰発現させたトランスジェニックマウスでは、掻痒やアトピー性皮膚炎に類似する皮膚炎様症状が発症することが知られている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)