やはり、実際に起きている現象を、目の当たりにするほど説得力があることはない。「百聞は一見に如かず(Seeing is believing)」とはその通りである。状況証拠を元に「ああだ、こうだ」と議論しているところに、生体イメージングで「こうでした」と示すと、これはもう平伏するしかない。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)