バイオイメージング最前線(第4回)

“動く、動かぬ証拠”を突きつける

(2015.09.04 08:19)1pt
2015年08月31日号
石井優=大阪大学医学部教授

 やはり、実際に起きている現象を、目の当たりにするほど説得力があることはない。「百聞は一見に如かず(Seeing is believing)」とはその通りである。状況証拠を元に「ああだ、こうだ」と議論しているところに、生体イメージングで「こうでした」と示すと、これはもう平伏するしかない。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

バイオイメージング最前線のバックナンバー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧