Wmの憂鬱、我が国第4世代のゲノム編集技術【日経バイオテクONLINE Vol.2309】

(2015.09.03 19:00)1pt
宮田満



 昨日、JCRとテルモの再生医療が薬事・食品衛生審議会再生医療等製品・生物由来技術部会を通過、いよいよ再生医療の本格的商業化の号砲が上がりました。技術革新の商業化は我が国でも予想以外に加速されてきたことを忘れてはなりません。さて、次のバイオのビッグウェーブは何か? それは間違い無くゲノム編集技術であると思います。今週、間違い無く我が国発の第1号ゲノム編集技術のベンチャー企業、EditForce社の創業者達に会いました。ゲノム編集は戦いが始まったばかり、まだまだ技術突破があると思っておりましたが、我が国にもやはりそのシーズがありました。しかし、何故彼らが第4世代のゲノム編集を標榜するのか? 絶対優勢だと思われていたCRISPR/Cas9のどこを攻めようとしているのか? 日の丸ゲノム編集技術の時実態に迫ります。

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で100本まで読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE Mmの憂鬱Premium」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

バックナンバー新着一覧

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「次世代抗体技術の最前線」
    2020年5月22日(金)開催!次世代の抗体医薬を創出するプラットフォームとなり得る最先端技術を、その当事者が詳説。中でも、いま注目は、ラクダ科動物由来の低分子抗体VHHだ。当セミナーで、その可能性を浮き彫りに。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧