米Stanford大学などが、定量的MRI画像から得られる情報のみを用いて膠芽細胞腫(glioblastoma:GBM)を3群に分類する方法を考案した。同じ治療を受けても、3群の患者の転帰(生存率)には差があり、関係する分子経路も異なっていることを確認した。詳細はScience Translational Medicine誌の2015年9月2日号に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)