第一三共は2015年9月2日、英AstraZeneca社の子会社である米MedImmune社と、鼻腔噴霧インフルエンザ弱毒生ワクチンの国内における開発・販売に関してライセンス契約を締結したと発表した(関連記事1、関連記事2)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)