近年、製薬企業は天然物創薬部門を縮小する傾向にある。その状況を逆に生かして天然物創薬の拠点を作ったのが、産業技術総合研究所の臨海副都心センターにある創薬基盤研究部門次世代ゲノム機能グループ長である新家一男上級主任研究員らのグループだ。製薬企業各社が持っている天然物ライブラリーを集め、培養、分析装置を整備し、天然物スクリーニングを行う上で必要な全てのものを一カ所に整備した。標的さえ持っていれば、誰もが気軽に天然物スクリーニングできる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)