CRISPRが台頭してゲノム編集が一般化した今、編集されるゲノムはアミノ酸のコード領域にとどまらない。エンハンサーなど遺伝子の転写調節領域を編集することによってその機能を探索する手法としても、大きな需要があるのだ。さらに最近では、エンハンサーを超えた巨大な転写調節領域の単位として考えられているクロマチンの三次元的なループ構造についても、CRISPRを用いた解析がその解明に成果を上げている。このループは、いくつか連なることでさらに巨大なトポロジカルドメインと呼ばれる単位を形成しており、遺伝子群ごとの発現調節を行うとされるが、これらがどのような構造であるのかは未知の部分が多い。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)