国内企業が開発する細胞培養法の季節性インフルワクチンの雲行きが怪しくなってきた。鶏卵培養法と同様、細胞培養法でも変異が生じることなどが徐々に分かってきたからだ。海外企業も相次いで事業から撤退。日本でワクチン製造株を決定するにも課題がある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)