化合物ライブラリーやHTS装置の整備が完了し、スクリーニング体制整備は出来上がった。アカデミア創薬の具現化に残された課題として創薬化学の不在が浮き彫りとなった。公的支援にも改善の余地があるが、医薬品創出に向けてアカデミアは変われるか。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)