これまでの2回で、各国の研究開発投資が右肩上がりで増え続ける中、日本の政府研究開発投資の伸びはほとんど無かったことに加え、研究者数も同様であり、研究開発に対するインプットは相対的に低下し、その結果、論文で見る日本の地位は驚くほど下がってしまったことを示してきた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)