田辺三菱製薬は2015年8月26日、記者説明会を開催。三津家正之社長は、「従来の低分子化合物やバイオ医薬品に加え、新たな技術や素材を組み合わせた複合的な医薬品として『Designed Pharmaceuticals』の創製に力を入れる」とした。「具体的な検討が始まっており、今秋以降、色々な発表ができるのではないか」(三津家社長)とコメントした(関連記事1、関連記事2)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)