東京大学医科学研究所附属病院の小澤敬也院長は2015年8月21日、韓国・光州市で開催されたアジア細胞治療学会(ACTO)学術集会で、間葉系幹細胞(MSC)を利用した癌治療技術について講演した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)