急性腎障害(AKI)や慢性腎臓病(CKD)に対する再生医療の開発を目指し、研究を進めている京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の長船健二教授。2015年7月には、アステラス製薬との共同研究の成果をStem Cells Translational Medicine誌に発表した。今回の研究成果や今後の展望について2015年7月31日、長船教授が本誌の取材に応じた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)