イスラエルTel Aviv Medical Center のInternational Center for Cell Therapy & Cancer Immunotherapy(CTCI)のSimon Slavin所長は2015年8月20日、韓国・光州市で開催されたアジア細胞治療学会(ACTO)学術集会で、神経細胞の異常によって引き起こされる疾患である多発性硬化症(MS)と筋萎縮性側索硬化症(ALS)を対象とした細胞治療について講演した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)