鹿島建設が、再生医療の細胞培養加工施設(CPC)の設計に参入する。同社のエンジニアリング本部の椎名良治室長や藤永基担当部長、西田淳次長が、2015年7月9日、本誌の取材に応じた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)