大学やベンチャー企業が出願した特許について、権利譲渡やライセンス、または、出願や権利の維持に値するか否かの評価が必要なことがある。この場合に、どのような視点で特許を評価すればよいだろうか。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)