米エネルギー省(DOE)傘下のOak Ridge国立研究所(ORNL)は2015年8月3日、Abhijeet Borole博士率いる研究チームがスイッチグラスなどの植物資源から水素を生産する新しいバイオプロセスを開発したと発表した。この方法は、加熱と微生物ベースの電気分解槽による処理によって廃棄バイオマスを水素に変換する。このアプローチはバイオ燃料の生産に使われる天然ガスの使用を削減でき、バイオリファイナリーは温室効果ガスの排出を減少させることが可能になる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)