画像のクリックで拡大表示

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【日経バイオテク/機能性食品メール】
     【2015.8.21 Vol.201】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 原則として毎週金曜日に「日経バイオテク/機能性食品メール」をお届けしております日経バイオテクの河田孝雄です。先週はお休みをいただきましたので、今回は2週間振りの第201回です。夏の甲子園が終わり、猛暑は少し和らいできました。

 まずは恒例の機能性表示食品の届出書受理情報から。この2週間には、8月12日(水)更新で2件、8月14日(金)更新で1件、8月20日(木)更新で2件の合計5件が追加されました。これで累計72件になりました(ただし、そのうち1件は撤回されたままです)。

 このうち、機能性関与成分の新規は2件。乾燥肌対策のN-アセチルグルコサミンを配合した焼津水産化学工業の飲料「ナグプラス うるるん肌ドリンク」(届出番号:A68、届出日:2015年7月2日)と、血圧高め対策のカカオフラバノール配合の森永製菓のココア「カカオフラボノールスティック」(A70、2015年7月9日)の2件です。

[2015-8-19]
森永製菓の初の機能性表示食品は血圧高め対策「ドクターズココア」、
2012年のCochrane論文活用
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20150819/186925/

[2015-8-20]
焼津水産、「機能性表示食品制度」に基づく日本初の美容訴求ドリンクを発売
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20150820/186948/

 このうち森永製菓のココアは、医療予防分野のエビデンスの総本山である
Cochraneの論文を、機能性のエビデンスとして活用している点が、なるほど、
と思いました。

 機能性表示食品のエビデンスについて、脆弱なものが多い、という指摘があり
ますが、Cochraneのエビデンスならば、あまり異論はないのでは。論文を発表
した2012年時点のエビデンスなので、ココアのエビデンスはその後、さらに進化
しているのでは、と思います。

[2009-4-21]
「特別用途食品の論文160報の構造化抄録、連休明けにも栄研のウェブサイトで
公開」と津谷喜一郎・東大特任教授
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/1537/

 焼津水産のナグプラスと同じく、8月12日に届け出受理が公表されたアサヒ飲
料の「アサヒ めめはな茶」(A69、2015年7月3日)は、機能性表示の表現が先
に受理されたJAかごしま茶業の「べにふうき緑茶ティーバッグ」と異なるのが
おもしろいと思いました。

 アサヒは「メチル化カテキンが含まれるので、ほこりやハウスダストによる目
や鼻の不快感を緩和する」、JAかごしまは「メチル化カテキンが含まれる。メチ
ル化カテキンは、ハウスダストやほこりなどによる目や鼻の不快感を軽減するこ
とが報告されている」です。この近いの理由は、このメールの読者の皆さんはご
存じかと思います。

 メチル化カテキンの研究を長く続けている農研機構が、近く、プレスリリース
を出すとのことです。

 さて今日は、中央大学後楽園キャンパスで開かれている日本進化学会第17回大
会を取材しました。テーマは「New Technologyが拓く新化学の新地平」。

 第3世代シーケンサーやゲノム編集技術が、進化学の発展に寄与しているとい
う発表が多数あります。

 夕方には、ワークショップ19「『NHKスペシャル:生命大躍進』を制作しまし
た。」の会場におりました。NHKテンタープライズの植田和貴さんの発表で、と
てもおもしろかったです。

 進化学会の歴代の会長(現会長も含む)から、手厳しい質問がありました。
最先端の科学をどう分かりやすく、おもしろく伝えるのか、は難しいことだと
改めて思いました。

 質問なさった歴代会長とは、前会長の倉谷滋さんと、現会長の長谷部光泰さ
んです。所属とご役職は、倉谷さんが理化学研究所主任研究員研究室倉谷形態
進化研究室の主任研究員で、長谷部さんが基礎生物学研究所進化多様性生物学
領域生物進化研究部門の教授です。

 上野の国立科学博物館で特別展「生命大躍進」が開催されています。会期は
2015年10月4日(金)までです。

http://www.seimei-ten.jp/

 進化学との関連では、タコのゲノム解読の記事を先週まとめました。

沖縄OISTなど、タコのゲノムを解読、Nature誌の表紙に
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20150813/186846/

 明日土曜日(8月2日)は、大阪でアディポサイエンス・シンポジウムが開催さ
れます。発表内容などは追って、日経バイオテクONLINEに記事を掲載してまいり
ます。

[2015-7-21]
8月22日のアディポサイエンス・シンポで阪大と東大がアディポネクチンの
成果発表、特別講演は松澤佑次氏
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20150721/186370/

 日経バイオテクに連載している「機能性食材研究」の第20回は、マグロを取り
上げました。ご覧いただければと思います。

日経バイオテク8月10日号「機能性食材研究」(第20回)、クロマグロ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20150820/186930/