大塚ホールディングス傘下の大鵬薬品工業が、本格的に海外進出を果たそうとしている。期待の抗癌剤「ロンサーフ」を欧米で承認申請し、販売体制などの構築に取り組んでいる。昨年中途入社したばかりながら経営戦略部を率いることになった三浦麗理部長にインタビューした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)