カルナバイオサイエンスは、キナーゼ阻害薬を探索する独自の基盤技術を持ち、この技術自体から収入を得る創薬支援事業と、これを活用した創薬事業を展開する。今年の前半にこれら2つの事業で、製薬会社との契約を相次いで締結した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)