大手製薬が次々に開発に乗り出すなど、その有用性が改めて注目されている遺伝子治療。日本では再生医療の後塵を拝しているが、学会では続々と臨床開発の状況が報告された。遺伝性疾患に加え、癌や神経疾患に対する遺伝子治療を開発する動きが活発化している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)