いよいよこの秋にも、国立がん研究センターにおいて、国立がん研究センター研究所が作製したNCC oncopanelを使った自家調製検査法(LDT)を用いて、遺伝子診断を実地診療に実装するための試みが始まる。この試みでは、臨床医と共に基礎研究者が加わり、ゲノム解析で得られた結果をどのように日本人の患者あるいは治療にフィードバックすべきか、様々な評価が行われる予定だ。NCC oncopanelの開発を進める国立がん研究センター先端医療開発センターTR分野ユニット長で同センター研究所臨床ゲノム解析部門部門長の市川仁氏に研究の現状や狙いについて聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)