沖縄科学技術大学院大学(OIST)分子遺伝学ユニットと米University of Chicago、米University of California, Berkeleyなどの研究グループが、タコのゲノムを解読した成果を、Nature誌で2015年8月13日に発表した。解読されたOctopus bimaculoides(カリフォルニア・ツースポットタコ)の写真が、Nature誌の表紙に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)