6月27日に先端医療振興財団臨床研究情報センター取材のアルツハイマー病予防戦略国際シンポジウム-新たな地平を目指して、を取材して以来どうも気になっておりました。まだ多くの製薬企業がβアミロイドを治療標的にしておりますが、本当にそれで問題は解決できるのか? 私たちはβアミロイド仮説の罠に填まってしまったのではないか? という疑問です。最先端の研究を調べるうちに、アルツハイマー病の次の創薬標的は古くて新しい次の分子に移行していることに気付きました。 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で100本まで読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら