九州大学でアカデミア創薬を推進するグリーンファルマ研究所が今年2月に竣工した。アカデミアシーズを基にしたスクリーニングを進めるとともに、新たな創薬化学反応の開発やレンタルラボ、動物実験施設も兼ね備える施設として、今秋にも稼働を開始する予定だ。九州大学理事・副学長で薬学研究院薬理学分野教授の井上和秀氏に、自身が研究を進めてきた神経障害性疼痛の機序の解明とエコファーマ、そしてグリーンファルマ研究所の目指すものについて聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)