米エネルギー省(DOE)傘下のPacific Northwest国立研究所は2015年7月28日、植物科学分野のChrister Jansson博士を中心とする研究チームが、でんぷん含有量が多く水田からのメタンガス発生を抑えたイネを開発したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)