メルシャン商品開発研究所(神奈川県藤沢市)はバイオマーカーサイエンス(京都市左京区、内田景博社長)と共同で、赤ワインなどに含まれるポリフェノールで抗酸化力の強いレスベラトロールが、糖尿病性腎症を予防する効果を有することをプロテオミクスによる新規バイオマーカー技術による評価系で見いだした。この成果は、2015年8月7日と8日に奈良女子大学で開かれる第9回ポリフェノール学会学術大会-ポリフェノールとともに生きる-(会頭:井上裕康・奈良女子大学食物栄養学科教授)で、同研究所の矢内隆章氏が7日に一般講演で発表する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)