公的な支援体制が充実し、一方で製薬企業が外部からの導入に積極的な今ほど、アカデミアにおける創薬に追い風が吹いている時代は無い──。北海道大学大学院薬学研究院創薬科学研究教育センター有機合成医薬学部門准教授の堺谷政弘氏は、長く製薬企業で創薬化学に携わってきた経験を生かし、アカデミアにおける創薬やその支援に携わっている。アカデミアのシーズをもとにしていくつかの有望な化合物を見出しており、アカデミアはシーズの宝庫と語る。堺谷氏に現状を聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)