2015年8月3日、厚生労働省の塩崎恭久大臣と国立感染症研究所村山庁舎がある東京都武蔵村山市の藤野勝市長が面会し、村山庁舎のバイオセーフティーレベル(BSL)4の施設を稼働させることで合意した。日本でBSL4の施設が稼働するのは初めて。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)