文部科学省が進めるプロジェクト「次世代がん研究シーズ戦略的育成プログラム」、通称P-DIRECTにおいて、各研究から生まれてきたシーズを使って医薬品候補化合物を見出すスクリーニングを推進しているのが、理化学研究所吉田化学遺伝学研究室主任研究員で環境資源化学研究センターケミカルゲノミクス研究グループグループディレクター、創薬・医療技術基盤連携部門部門長の吉田稔氏だ。スクリーニングの現状について吉田氏に聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)