日本遺伝子治療学会(JSGT)理事長を務める大阪大学大学院医学系研究科遺伝子治療学分野の金田安史教授は2015年7月25日、本誌のインタビューに応じ、再生医療学会との連携をさらに深めていく方針を明らかにした。金田教授は2015年7月24日に開かれた同学会総会において、同学会理事長に再任されたばかり。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)