実験動物中央研究所(実中研)は、フランス国立医学研究所(INSERM)と共同研究を行い、ヒトに感染するマラリア原虫に感染するモデルマウスの開発に成功した。実中研の実験動物研究部の末水洋志部長が、今回の成果について2015年7月23日、本誌の取材に応じた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)