英国を中心とする数十年にわたる出生コホート研究の結果などから、胎児期から乳幼児期の環境と、その後の発達・発育や成人後の疾患との関連を裏づけるデータが次々と見つかっており、GluckmanとHansonは2006年、慢性疾患の発症素因の形成が発達期の環境と関係するというDOHaD仮説(Developmental Origins of Health and Disease)を提唱した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)