2005年、ヒトゲノム解読完了直後に世界に先駆けて一細胞解析プロジェクトの代表となったのが、DNAシーケンサーの技術開発で世界に名前がとどろく、日立製作所名誉フェローで早稲田大学ナノ・ライフ創新研究機構招聘研究教授の神原秀記氏。神原氏に一細胞解析のこれまでの経緯と今後の展望について聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)