英Edinburgh大学の医学研究評議会(MRC)再生医療センターなどの研究者たちは、研究室で増殖させた肝幹細胞を肝不全モデルマウスに移植することにより、損傷を受けた肝臓の機能を回復させることができたと発表した。詳細はNature Cell Biology誌電子版に2015年7月20日に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)