癌抑制遺伝子RBを再活性化する薬剤をスクリーニングする系を構築し、メラノーマ治療薬トラメチニブの創製に貢献したのが京都府立医科大学分子標的癌予防医学部門の酒井敏行教授だ。これまでの開発の経緯と酒井教授が主張する細胞ベースのスクリーニング系の重要性について聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)