東京大学分子細胞生物学研究所附属エピゲノム疾患研究センターの須谷尚史助教と白髭克彦教授らは、細胞分裂期の染色体を構成する主要蛋白質であるコンデンシンが、転写の際にDNAの二重らせん構造が緩んで生成する単鎖DNAを、元の二重らせん状態に戻す役割を担っていることを見いだした。Nature Communications誌で2015年7月23日に発表した。論文の筆頭著者は、須谷助教と東京大学大学院農学生命科学研究科博士後期課程3年の坂田豊典氏だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)