米The Medical University of South Carolina(MUSC)と米Bristol-Myers Squibb(BMS)と米Bristol-Myers Squibb社は2015年7月15日、皮膚硬化症、腎線維症および特発性肺線維症を含む線維性疾患の橋渡し研究で提携合意したと発表した。提携は、線維症の理解を向上させることを目的とした研究や、疾患プロファイルやバイオマーカー、予後予測をベースとした患者分類の探索が含まれる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)