米Cure Forward社はこのほど、患者自身が自分の分子データを理解し、治療選択などに利用することを可能にする、新たなオンラインポータルの提供を、2015年9月に開始する計画だと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)