多発性硬化症モデルマウスの症状寛解期に痛みを与えると症状が再発する──。炎症と神経の関係について研究を進めている北海道大学遺伝子病制御研究所分子神経免疫学分野教授の村上正晃氏らは、痛みを介した神経シグナルが多発性硬化症モデルの症状再発を引き起こすことを明らかにした。米Howard Hughes Medical Institute、英Wellcome Trust研究所、ドイツMax Plank研究所が主宰するオープンアクセスオンライン誌であるeLIFEに掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)