日本臨床検査薬協会(臨薬協)は2015年6月16日、厚生労働省などに対し、「個別化医療及び先進的医療において体外診断用医薬品/臨床検査機器が抱える課題とその対策に関する提言書」を提出した。同提言書の概要について、2015年7月13日に開催された臨薬協のプレス勉強会で、提言書の取りまとめに関わったロシュ・ダイアグノスティックスのメディカルアフェアーズオフィサーを務める田澤義明氏が説明した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)