厚生労働省の研究班による「シングルユースシステムを用いて製造されるバイオ医薬品の品質確保に関する提言」が近く学術誌に発表される。国立医薬品食品衛生研究所生物薬品部第二室の石井明子室長は、2015年7月13日に開かれたバイオインダストリー協会(JBA)バイオエンジニアリング研究会シングルユース小委員会の講演会で、同提言の最終案の概要について紹介した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)